ファミマの”育てるサラダ”

4月収の終わり頃、仕事帰りに夕御飯を買って帰ろうと近くのファミマにふらりと立ち寄りました。最近のファミマは本当にオシャレな食堂風のご飯も多いので目移りしますが、その日はクリームパスタを選び、インスタントスープも適当に配達かごに放り込みます。ピッタリ目の前がおつまみやサラダ角だったのでサラダも買って帰ろう、いっそ僅か高くても体調に良さそうな小物にしよう!と考え緑黄色野菜のサラダかチキンのラップサラダか迷っているとちょっと目線に留まったのがどんぶり型の構成からして”体に良さげ”な青々としたたっぷりとしたサラダのムービーが!ラップサラダも緑黄色野菜も置いて買って帰ったのが”育てるサラダ”。氏名がキャッチーで興味深いのが気に入りました。
さて、家に帰ってぱっぱとパスタをチンしてスープにお湯を注いであとは食べるだけになったらある箇所に気が付きました。サラダの構成に少な目に”育てて嬉しい!食べて美味しい!培養キット”。育てて面白い?培養キット?初めて分かりました。”育てるサラダ”は結構自分で育ててからサラダにする培養キットだった!説明書を読むと庭園サラダが育つまで早くて30お天道様、サラダが食べられるお天道様は少なくても今日から一月はかかるのか。。仕方がない育ててみるかな。首ニキビは保湿をすると治ります

まぶしい女になりたい

家族にせよ、人生のあらゆることにせよ、大抵のことは素晴らしくもひどくもこなせてしまうあたし。
幼い頃からウィークデイは共稼ぎの両親に変わってディナーを作って来たのもあり、レパートリーもそこらへんのマミーよりもこえてしまっております。
和洋消息筋、タイ調理やフランス調理などの国々調理もベースあっという間に作れてしまうのです。
メニューによっては半で4物とかも作れてしまいます。
ここまでみると家庭的なまぶしい母親とうつるのかもしれないのですが、実態はそうではないのです。
と言うのも虫が出ても、きゃーとか騒ぎ立てることもなく、冷静に対処してしまうのです。
購入へ行ってもおUSA10kgとかもなんなく持って帰れるのです。ペットボトル2Lを8当買った時は他の購入もあったので、さすがに肩や手が一生懸命でしたが。
身長も高いので良いポジショニングのものを取れないこともなく、男児に「ねえ、上にあるアイテム取ってー。届かないのー。」などと言う端緒すらないのです。
自立した母親として同性には好かれますが、母親として生まれたので少しは愛らしい母親になりたいです。ミュゼのカウンセリングを受けました

眩しい女房になりたい

一家にせよ、生活のあらゆることにせよ、大まかのことはかわいくもひどくもこなせてしまう我々。
幼い頃からウィークデーは共稼ぎの親に変わってミールを作って来たのもあり、レパートリーもそこらへんの奥さんよりもこえてしまっております。
和洋当事者、タイ食事やフランス食事などの所々食事も実態サッと作れてしまうのです。
コースによっては半で4グッズとかも作れてしまいます。
ここまでみると家庭的な素晴らしい妻とうつるのかもしれないのですが、実態はそうではないのです。
と言うのも虫が出ても、きゃーとか騒ぎ立てることもなく、冷静に対処してしまうのです。
配達へ行ってもお米国10kgとかもなんなく持って帰れるのです。ペットボトル2Lを8テキスト買った時は他の配達もあったので、さすがに肩や握りこぶしが盛りだくさんでしたが。
身長も良いので大きい設置のものを取れないこともなく、男児に「ねえ、上にある存在取ってー。届かないのー。」などと言う手がかりすらないのです。
自立した妻として同性には好かれますが、妻として生まれたので少しは可愛い妻になりたいです。ベルタ葉酸サプリをずっと飲み続けています

有名人だけじゃない引退するタイミング

プロ野球選手の引退はニュースにもなる話題ですね。最近は現役生活も長くなりファンには嬉しい事です。
しかし、他にも現役引退を考える生き方は多いと思います。

TVを見ていて、有名お笑い芸能人の方がおっしゃっていましたが他人事ではありませんね。
最近では、桂歌丸さんの引退も勇気ある決断と感じました。

動けなくなる時が辞める決断とか、その手前を自分自身で見切るなど判断は人それぞれです。
個人で活躍されている職人さんや先生と呼ばれる人、建築や農業関係もタイミングを出しにくい仕事ではないでしょうか?サラリーマン D 1 考える イラスト

世代交代を上手く出来ている方は本当に幸せな事だと思います。高齢化が進み、引退してもいいのに働き続けるのは精神力とプライドだけなのかも知れません…。

肩の力を抜いて、次の世代にバトンタッチの準備も大事な仕事ではないかと思います。
いつまでも、私がいないと駄目!

こういう言う考えは後継者に対して良くない考えかも知れません。本当にやりたい事なら任せましょうと感じますね。